ストーカーとは?

ストーカーとは?

ストーキングイメージ

ストーカー(英: stalker)とは、特定の他者に対して執拗に付き纏う行為を行う人間のことをいう。
その行為は、ストーカー行為あるいはストーキングと呼ばれる。

日本ではかつて、ストーカー行為は極端にエスカレートになると名誉毀損罪や脅迫罪で取り締まれる事例もあるが、そこまでエスカレートする前段階では拘留や科料しか罰が規定されていない軽犯罪法違反くらいでしか取り締まりができない事例があり、それでは不十分としてストーカー規制法が2000年(平成12年)に制定された。
また、地方自治体でもストーカー行為を刑事罰に規定した迷惑防止条例が制定される例もでてきた。
ストーカー規制法以外につきまとい行為を規制する法律としては、配偶者暴力防止法、児童虐待防止法、暴力団対策法がある。
以前から同様の行為は存在したが、『ストーカー』という呼称が定着したのは日本では1990年代に入ってからである。
それまではその他の不審者と同じく変質者、あるいは変態と呼ばれていた。

ストーカー事案の認知件数は2001年(平成13年)以降、1万2000件~1万5000件の間を推移しており、2009年は1万4823件であった。

ストーカー規制法の定義によれば、ストーカーとは同一の者に対し、つきまといなどを反復してすることを指し(第2条)、『つきまといなど』とは、『恋愛感情その他の好意』や『それが満たされなかったことに対する怨恨』により、相手やその関係者に以下のいずれかの行為をすることをさす。

ストーカー行為とは・・・

  • つきまとい・待ち伏せ等。
  • 監視していると告げる行為。
  • 面会・交際の要求。
  • 乱暴な言動。
  • 無言電話・連続電話。
  • 汚物等の送付。
  • 名誉を害する行動。
  • 性的羞恥心を害する行為。

被害者の約9割が女性! 残り1割が男性

動機については、

  • 好意の感情、好意が満たされず怨恨の感情。
  • ごくわずかだが、精神障害(被害妄想含む。)
  • 職場・商取引上トラブル。
  • 他怨恨の感情。
  • その他

年齢に関しては、
被害者は20歳代と30歳代が最も多く加害者では30歳代20歳代が多い。
被害者と加害者との関係性に関しては交際相手(元を含む)配偶者(内縁・元含む)で6~7割を占める。

ストーカーの心理

  1. 精神病系
    精神病によって抱く恋愛妄想、関係妄想によってストーキングを行う。
    現実に自分と無関係なアイドルなどに付き纏うようなタイプが多い。
  2. パラノイド系
    妄想によりストーキングを行うが、妄想の部分以外は正常で話す事は論理的で行動は緻密である。
    現実には自身と無関係の相手に付き纏うタイプが多い。
  3. ボーダーライン系(境界人格障害)
    性格は外交的・社交的で孤独を避けるための気遣いじみた努力が特徴。
    病気ではなく、人格の成熟が未熟で自己中心的で他人・相手の立場になってみてものを考える事が出来ないタイプで、想像するより世の中に多いといわれている。
    人間関係は濃く相手を支配しようとするところに特徴がある。
  4. ナルシスト系(自己愛性人格障害)
    自身、自負心が強く拒絶した相手にストーキングするものが多く、行動的な分類から挫折愛タイプに属するものが多い。
  5. サイコパス系(反社会的人格障害)
    被愛妄想を持つのではなく自分の感情、欲望を相手の感情と無関係に一方的に押し付けるタイプで性欲を満たすための道具として相手を支配するものが多い。
    「凶悪・冷血な犯罪者」「典型的な犯罪者」というイメージが特徴で人間関係は強引で相手にとりつく能力を持っている。

ストーカー対策方法

ストーカー警戒イメージ

じゃあ、一体どうやって対策をするのか・・・それはあなたの心構えが大事です。
そしてストーカーがあなたに何か伝えたいことがあると言う事を自覚しておかなければなりません。
恋愛のもつれであれば検討はつくはずです。
当然相手はとんでもないわがままで解決しようもない事を沢山言ってくるでしょう。

被害者(あなた)はストーカーがはじまった段階でストーカー自身(犯人)に自分の伝えたいことを言わせなければならないのです。
相手に対して「いったい何を言おうとしてるの?」「どうしたいの?」そして、必ずあなた自身の口から、「気持ちに答える事は出来ない」とはっきりとわかりやすい言葉で誠意をもって伝えなければストーカーはひどくなるばかりです。
これは ストーカー対策と言うよりも、誠意ある人なら「当然の義務」と言える。
ストーキングが発生の原因は、その「当然の義務」を被害者自身が怠っている場合に発生する可能性もあります。
しかし、現実仲裁に入ってくれる人などいない場合は対処をするのは当人では非常に難しく危険性が高い。

そこで、当社では・・・

  1. 相手の行動を把握(特定)する。
    相手が日頃どの様な行動をしているか調査する事で逃げられないようにする。
    相手の事をまず知らない事には解決の糸口がみつからないのです。
  2. ストーカーをしている証拠を収集。
    証拠収集により警察による対応と法的手段に踏み切る事が可能になります。
    証拠収集量が多ければ多いほど勝訴する確率も高いでしょう。
  3. 本人と直接交渉。
    交渉をするしないはあなたと犯人との人間関係など十分に考慮をして決めます。
    本当であれば、本人と直接話をして念書など一筆をとり、ボイスレコーダーでの録音までするとかなり証拠能力としては高いでしょう。
  4. それでもやめない場合は法的処置をとる。
    証拠を収集しており、警察にも事前に相談に行っていればスムーズに法的処置が出来ます。
    当社で弁護士や司法書士を無料にてご紹介しております。
    ストーカー対策は時間と労力、そして何より精神力が強く必要になります。
    理解してくれる友人と接し少しでもその事を考えないようにして日常を過ごさなければ精神的にまいってしまいストーカー被害が終わった後、大きな心の傷を引きずって人生を送ってしますようになってしまいます。
    ほんの軽い気持ちのつもりが殺人事件まで・・・なんて誰もが考えていない様な事が現実おきています。
    なので、少しでもおかしいなど不審な点があった場合はすぐに知人などに相談をして未然に防ぐ努力から始めなければなりません。

料金

あくまでも基本の料金です。その時の現状にて料金は変わってきます。
まずは、相談見積もりは無料なのでご相談下さい。

ご相談 無料
不審者確認調査 1回10,000円
身辺警備 護衛 要相談
行動調査 1時間 10,000円~
その他、人物調査 各種対応可能
平均相場の目安 200,000円~

調査や対策への時間

基本的にストーカーは素早い対処が必要です。
しかし本人の調査に交渉、説き伏せるなど相手によって変わってきます。
当社ではスピーディーに解決できるよう最善の努力を尽くします。

ストーカー対策の決め手は速い対策です。
女性のほとんどが大きな心の傷を負い男性恐怖症になり次の恋愛にも影響します。
しかも、次の男性に対しても心を打ち明けれない状況が続けば幸せが遠のいてしまいます。
ストーカーのほとんどはしつこくて自分勝手です。
好きな人に対して?する行為とは現実大きくかけ離れています。
あなたは恐怖心でしか相手をみれないはずです。
しかし、相手は「なぜわかってくれなんだ」と思っているのです。
こうなってしまうともう解決は1つしかありません。

今の日本の法律ではなかなか対応も遅くこの様な事件は消える事がなくむしろ増加の傾向です。
警察も事件が確認されないと動けません。

動ける組織は、「探偵事務所」のみなのです。

※悩んでいるあなた、本当の幸せを手にする為悩んでいる暇はありません。
すぐに行動です。
そして解決です。
速く動かないと相手もエスカレートするだけです。
勇気を振り絞ってご相談下さい。

お問い合わせはコチラ!
お気軽にご相談ください!